バンカーショット 状況別

バンカーショットで大きな影響を受けるのが砂の状況です。


本日は柔らかい砂と硬い砂において、私が考えるクラブの使い方をお話します。



始めは柔らかい砂。




この状況ではバウンス効果を最大限に発揮するため、クラブを開く事もあります。


もちろん開かなくてもバウンス効果を発揮できます。



しかし必ず行って欲しい事が、ボールの位置をスタンス中央より左寄りにする事です。


何故ならボールをスタンス中央や右側へ置くと、アドレスでバウンスが浮きリーディングエッジが砂に突き刺さります。


これがザックリの原因です。




次は硬い砂。



柔らかい砂の様に、バウンス全体が地面と接触するとクラブが弾かれホームランを引き起こします。


↑の写真の様に、クラブのトウを浮かせて構えるとヒール側のリーディングエッジが地面に突き刺さり、硬い砂を楽に削る事ができます。


簡単な話、アプローチでザックリが発生する現象を応用しています。



ラウンドレッスンの経験値から、特に硬い砂はミスが多くなる傾向にあります。


コースでは構え方を変えて打ち方は変えない。


自分に合う方法を見つけて下さいね。




トギ


  • line
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

Copyright © 2020 大山トギ All Rights Reserved.。