トラックマン比較

先日もトラックマンを使用し、屋外練習場でデータの確認を行いました。





こちらが私のドライバーです。



弾道は軽いプッシュでしたがキャリー257ヤード。まずまず。


SMASH FAC.とはミート率。1.5はかなり良い数値。


何球か打って思ったのが、ヘッドスピードよりボールスピードが大切ということです。


いくらヘッドスピードが早くても、ボールスピードが出なければ飛距離は伸びませんでした。




こちらは更に詳しいデータ。


私の場合ヘッドスピードに対してスピン量が多く、飛距離ロスしている模様。


これを改善する方法は2つで、①スイングを変える。②シャフトやクラブのスペックを変える。


私はキャリアが長いのでスイングを変えるのは難しいですから、クラブを調整してみようと思います。



ちなみにマキロイのデータがあります。




もう比較対象になりません。笑


ボールスピードは80弱。


このショットはほんの少し開いて当たっているので、Launch Angle(打ち出し角)が理想値より高かったですが、それでもキャリーで309ヤード。


画面右側グラフの青いデータは、トラックマンがヘッドスピードに対する理想値を自動計算したものです。


トラックマン恐るべし。。。




トギ

  • line
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

Copyright © 2020 大山トギ All Rights Reserved.。